スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

滅多にあるものではない!

突然だけどこれを見て欲しい(ファイルサイズ注意。
www.jpg
「めりこみ」と先生で検索すると、まずメリコミ・タマタマが出てくる。
これはつまり、それだけ拘束の影メリコミ・タマタマが(良くも悪くも)皆の関心を惹いたということである。
開発陣もこれを期待していたのだろうか?確信犯な気がしてならないw
友人とも「なんでこいつだけこんなに尖った名前なんだろうwww」と談笑させて頂いた。ありがとうタマタマ。
そんなタマタマだけど、名前は激しくネタだけど、実力はかなりのもの。皆様、是非一使ってみてもらいたい。
その際は「ヒラメキ・プログラム」などのコンボではなく、純粋にビートダウン等で。
彼らの実力に気付くはず。

さてさて、前置きはここまでにしよう。今回はビクトリーラッシュ発売を間近に控えて、ゴールデンエイジから1枚、是非ともオススメしておきたいカードがある。
それがこの
オッサン
【「命」の頂 グレイテスト・グレート】なのだが
こいつは墓地、マナからコスト7になるように好きな数のクリーチャーをタダで引っ張ってこれる、という能力を持つ、非常に強力なクリーチャーである。
発売当初から、【ボルバルザーク・エクス】や【鎧亜の咆哮キリュー・ジルヴェス】などの組み合わせでのワンショットキルデッキが研究、開発されていた。
しかし、汎用性で【「智」の頂 レディオ・ローゼス】【「俺」の頂 ライオネル】に劣り、この2種が非常に分かり安いフィニッシャーであること、コスト「7」になるように(7ぴったりじゃないと駄目ってこと!)も災いし、これらに比べてしまうとあと一歩が及ばない…そんな不憫な存在であった。
しかし、こいつにはデッキ構築しだいで何でも出来る、という他の2体にはない、デッキビルダーの心をくすぐる魅力に満ち溢れている。
例えばパーフェクト・ギャラクシーやジャンヌ・ダルクで守りを固めたり、従来通りキリュー・ジルヴェスと合わせて奇襲したり、極端な話ではあるが、1コストクリーチャーを一気に7体展開する、という荒業だって出来る。
結局は構築なのである。
それにこいつ、将来性のあるカードでもある。
コスト7の強力なクリーチャーや、7の組み合わせが強力なクリーチャーが登場すれば、こいつの有用性もググッと持ち上がる。
エピソード2第2弾が発売する前に、コイツを集めてみてはいかがだろうか?
スポンサーサイト
プロフィール

HAL

Author:HAL

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。